FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(15)

【 無意識のうちの悪魔との契約(4) 】 「オカルトの実践」が、どれほど深刻な事態をまねくか、中学時代にはじまった、「オカルト」「オナニー」「ミリタリー」、3つの「無意識のうちの悪魔との契約」は、まだほんの入り口にすぎなかった。 高校生になると、ぼくに対する両親、先生、まわりの異常な「高望み」は耐え難いものになった。自分の能力をはるかに超えたことを強要され続けた。「オカルトの実践」は、高校生から本格...

コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(14)

【 無意識のうちの悪魔との契約(3) 】  まえに、ぼくはものごころついたときから、「神ちゃま大好き!」ってこと話したね。小さいときから、ひとりで空想、黙想するのが好きで、山や川や、美しい景色を見ては感動し、ほんとうに、「なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」っていう、ちょっと変わった子供だったんだ。  小学校3年くらいのとき、学校の帰り道、子供たちが遊べる「児童館」ってのがあ...

コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(13)

【 無意識のうちの悪魔との契約(2) 】  ぼくは、1962年生まれ。ベトナム戦争とか、安保闘争とか、大阪万博とか、アポロが月着陸に成功したとか、幼少期から小学生のころの時代背景だ。といっても、当時のぼくに、そんなむずかしいことわかるわけないけどね。なんせ、「アメリカは月にある」「ウルトラマンにでてくる怪獣は、毎週どっかからつれてくるんだ」って思ってた、おめでたい子だったからね。 うちは、無宗教、政治的...

コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(12)

【 無意識のうちの悪魔との契約 】  ぼくは、当時、カトリック信者ではなかったから、オナニーが大罪だとは知らなかった。セックスするのとはちがって、ひとりですることだから、誰も傷つけないから、うしろめたい罪を犯している、って意識はあったけど、中学2年生のとき、とうとう性的な誘惑に負けた。 夏ころだったと思うけど、「空想の世界なら誰も傷つけないから、いろんな女の子のことを想像しながらオナニーすることは、...

コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(11)

【 異常なストイックさと、依存症的行動 】 ぼくは、ものごころついたときから、女の子と話しができない。小さいころから、女の子が近くにくると、真っ赤になって、頭が真っ白になって、何もできなくなってしまう。「赤毛のアン」という物語に、マシューさんというおじいさんが出てくるんだけど、まさにぼくの師匠みたいな人だ。 もうひとつ、いつのころからかわからないけど、修行僧のようにストイックに独身をつらぬこうと考え...

Appendix

こるべまりい@Twitter

こるべまりい@Twitter


Live streaming video by Ustream

最新記事

最新コメント

プロフィール

Author:こるべまりい
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。